halukaブログ

やっぱり海が好き!

ライフ

捨てる神は、捨てて、拾う神を、拾おう!

「捨てる神あれば、拾う神あり」。 皆さま、ご存知のことわざです。 そもそも、「神を信じるか」という話にもなってしまいますが、 事がうまく運ばなかった時に、 「どう考えても運が悪かった」と、 「運」や「神」に頼ってしまったり、 「そのせい」にして…

「そこ」に居るだけでは、あなたの世界は広がらない。さっさと、外に出よう!

モノの見方や、考え方、人との接し方が固定されてしまう要因の一つに、 「どのような方々と、どのようにお付き合いをするか」、 という、"人間関係環境" (名付け親・haluka w) があると考えています。 例えば、ふだん、 親しい友人とだけ、とか、 同じ職場の…

七転び千起き!!! 決して 諦めないこと。人生は手八丁口八丁!

「七難八苦(しちなん はっく)」は、 とてもじゃないけれど、やってられない、 たくさんの難儀、苦労のこと。 戦国時代の武将、山中鹿之助が、 夜空の月に向かい、「天よ、我に、七難八苦を与えたまえ」と、 祈ったというエピソードは、 皆さま、ご存知の通り…

恋愛小説も歴史書もすてき。自由と楽しさと夢は等価。

こんにちは、halukaです。 フランスの作家で批評家だったシャンフォール(1741~1794年)は、 「結婚より恋愛の方が人は好きだ。 それは、 恋愛小説の方が歴史書より面白くて楽しい、 という理由と同じだ」と言い遺したといいます。 歴史書は、事実にできるだ…

とっさの「忘れた!」は面白い。その心理的背景は。

「物忘れが激しくなったのか。初めから、それを知らなかったのか」。 暇ネタとして考えると面白いお話です。 「最近、物忘れが激しいなあ。疲れてるのかなあ」などと、 少々、自虐的な気分に浸ることはありませんか。 ごくごく、一般的なモノの言い方ですが…

フリーランスは愚痴るのか。

「何やら」ハラスメント防止(予防)、全盛の昨今。 多くの職場で、 ″言ってはならない、してはならないこと″ だらけ、 になってしまった感、はありませんか。 職場は、明るく、働きやすいところであってほしい、と、 誰もが、当然、願っています。 ではどう…

真意を見抜くこと。自分の言葉に置き換えると分かりやすい褒め言葉

誰だって、人からは褒められたいものです。 「頼りになる」 「若く見えるわね」 「それって、かわいい」 「生き生きしてるね」 「真面目だね」 自己の承認欲求にもつながりますが、 プラスの評価をしてくれる相手に、不快感を覚えるはずがありません。 大抵…

社会のボーダーレス化が新たな実益を生む。動くなら、今!

他人様は、あくまでも、他人様。 地縁も血縁も友情も愛情も、あるいは実益も、 なんの情けも損得もない他人様とのお付き合いは、 お互い、双方ともに、あるいは、三方ともに、 儀礼的、表面的なものになることが多いでしょう。 その結果としてと言った方が早…

今日は負けても、いつか、追いつく!賢者への キーワードは「無知の知」

「愚かな者が『私は愚かだ』と知れば、それは賢者」 (インドの原始経典 ウダーナヴァルガより) 人には、プライド(自尊心)やジェラシー(嫉妬心)があります。 立場やコミュニケーションの場面によって、 そのプライドやジェラシーに 思わぬ ″揺れ″ が生…

女を見抜けなくても、男を見抜けなくても、幸せになれる。

「男にとって、最も重要な仕事は、女を見抜くことだ」 by.ラクルテル 職場で、あるいは、井戸端会議で、 あるいは、バーのカウンターで、 「女って、分からないよな」というようなセリフと男が吐くと、 「男だって、分からないわよ」と女が言い返す。 最近は…

「自分対自分」の闘いに必ず勝つこと。「ダンマパダ」。

「自分に打ち勝つことは、他人に打ち勝つことより、優れている」 by.「ダンマパダ」 ″勝負″、あるいは″取引″、あるいは″交渉” というものは、 それが、「自分対自分」の場合もあるし、 「自分対他人」の場合もある。 あるいは、「自分1人対大勢」の場合もあ…

今、すぐに取り掛かるか、取り掛からないか。«曖昧さ»を生かす。

「そのうち、とは、いつのことなのか」。 by.田中啓文 外出しようとしている知人と、 ふいに出会った際、 例えば、「どちらへ?」とか、 「お出掛けですか?」という具合に、 声を掛けられることがある。 そんなとき、 「はい、ちょっと、そこまで…」と言うよ…

挑戦する。夢を持って生きる!

「過去の出来事に満足して、それに浸ることは、現在の私にはできない」 by. 植村直己 自分の人生は、自分のものだ。 もちろん、自分の行いが基で生じた結果には、 自分に責任がある。 自分の人生は、 自分で切り開いていかなければならない。 もちろん、その…

申し訳ございません。遅刻しました。

こんにちは、halukaです。 halukaブログを綴り始めて、間もなく8カ月です。 つたないブログながら、 これまで、たくさんの方々にお越しいただき、 感謝の言葉が見つからないほど、 ありがたいことだと、心から思っております。 それなのに、今夜、ブログ開設…

自分の胸の中にある ″先入観″ を疑ってみよう!

「人が一番、惑わされやすいのは、自分自身の考えによって、だ」 by. レオナルド・ダ・ビンチ 人から投げ掛けられた言葉。 自分が知らないところで、人々が、話していそうな小さな物語。 それがどんな話し言葉であれ、 「あの人は、私のことを嫌っているのか…

本日までお休みをいただきます。

こんにちは、halukaです。 皆さま、日々のご訪問、ありがとうございます。 明日には、インターネットに 心地よく接続できる環境に戻れることと思います。 halukaブログは、本日までお休みをいただきます。 誠に申し訳ございません。 何卒、どうぞよろしくご…

昨日の続き。本日も引き続きのお休みをいただきます。

こんにちは、halukaです。 昨日はお休みをいただき、 皆さま、失礼をいたしました。 本日も引き続きのお休みをいただきます。 何卒、ご容赦ください。 【写真AC】 サントリー ウイスキー 知多 ギフトBOX入り [日本 700ml ] 出版社/メーカー: サントリー 発売…

隠れ家を持とう! ニッカブランデーでひと呼吸!

心落ち着く場所。 例えば、静かな音楽と一人掛けのソファー。 行きつけの喫茶店やBar。 そこがどこであれ、 人には、あまり紹介したくはない。 静かに一人になるための隠れ家(スポット)。 ところが、 人は身勝手。 一人の時間を満喫すると、 次には人恋し…

申し訳ございません。本日は、おやすみなさいませ。

こんにちは、halukaです。 本日は、お仕事などの絡みで、 ブログを書くことがかなわない所に身を置いております。 お訪ねいただきました皆さまには、 誠に申し訳ございませんが、 今日のhalukaブログは、お休みをいただきます。 何卒、ご容赦ください。 【写…

週末ライフ。豚骨スープで創業34年の老舗の魅力と街角のぬくもり。

こんにちは、halukaです。 「創業34年」。 表に出ている看板は遠慮がち。 通い慣れた方でなければ、見過ごしてしまうのかもしれない。 店構えも、目立って大きくはない。 けれども、夜半、小腹のすいてくる時間。 その頃を迎えると、客足が絶えることは、な…

「散歩会議」で、セロトニンの分泌を促せ!

こんにちは、halukaです。 アメリカでこのところ、 「ウオーク&トーク・ミーティング」 という手法が広まっているのだとか。 「座りすぎは、喫煙と同じくらい体に悪い」 と言いますが、 会議室やカフェでじっと座って、 話し合うのをやめて、 ウオーキング…

カキの季節。ご自宅で干し柿など、いかがですか!

果物のカキは、1個で、 ブロッコリー半株ほどものビタミンCを含んでいる。 カリウムやベータカロチンも豊富。 ベータカロチンは、体内でビタミンAに変わって、 皮膚や粘膜を健康に保つ作用をもっている。 そこで、古くから、カキは、胃の粘膜を守り、 アルコ…

街角のぬくもり2018。ラム・コークを楽しむ。

アルコール度数40度のWhite Rum(ホワイト ラム)を, コカ・コーラで割っていただく、 ご存じ、ラム・コーク。 アルコール度数47度のGin(ジン)を、 三ツ矢サイダーで割っていただく、 ご存じ、ジン・トニック。 アルコール度数40度のVodka(ウォッカ)を、 …

アボカドの効用。ビタミンEをおいしくいただきましょう!

サラダに入れたり、 マグロと一緒にわさびじょうゆであえたり。 いろいろな料理に使われるアボカド。 多くは輸入品だけれど、 愛媛県の松山市などでは、転作農家も増えている、とのこと。 国産のアボカドは、11月ごろから、年を越した1月ごろまでが旬。 アボ…

旬の物、伊勢えび頂いてまいります!

こんばんは! 皆さまいつも、halukaブログにお運びいただき、 ありがとうございます。 今宵は、申し訳ございません。 短稿にて、失礼いたします。 急なお呼ばれでございまして、 旬のものなど、ちょこちょこと頂いてまいります。 皆さまも、どうぞよき宴(う…

甘い物、の効用。元気を取り戻せ!

元気が出ないとき、 チョコレート、キャンディー、クッキーといった、 甘い物を口にすると、シャキッとする、 という方は、意外と多いのではないでしょうか。 チョコレートなどを自分のデスクの引き出しにしのばせているビジネスマンも、 少なくはないでしょ…

美容フローラ。腸内細菌を大切に!

人の腸には、大腸を中心に、100種類以上、 100兆個を超えると言われる細菌がすみついている。 そうした腸内細菌の集団は、花畑や草むらに似ていることから、 「腸内フローラ(菌叢∥きんそう∥」とも呼ばれる。 腸内細菌を、その働きや人に対する影響から分け…

波と戯れ(たわむれ)、もてあそばれて。やっぱり海が好き!

海に出た。 久しぶりだ。 ひと月はたったか。 仕事に追われていた。 人付き合いに追われていた。 やり遂げるために、避けることのできない、一つ一つ。 それを丁寧に片付けて、休日を得た。 ウエットスーツを着こんで、 車からサーフボードを引っ張り出し、…

アップル創業者の真の姿。映画「スティーブ・ジョブズ」。

パーソナル・コンピューター(パソコン)の生みの親。 56歳の若さで世を去った米・アップルの創業者スティーブ・ジョブズ氏。 その人物像をダニー・ボイル監督が、 ウォルター・アイザックソンの原作、 アーロン・ソーキンの脚本で映像にした。 伝記モノにあ…

芸術家と技術者の顔。halukaの故スティーブ・ジョブズ氏・考。

「何が欲しいかなんて、それを見せられるまで分からない」。 米・アップル社のCEO(最高経営責任者)だった、 スティーブ・ジョブズ氏(1955~2011)は、 iPhone(アイフォーン)や、iPad(アイパッド)など、 革新的な新製品を生み出したカリスマ経営者。 …