halukaブログ

やっぱり海が好き!

人工知能の時代が来る。人は人らしく。家族は家族らしく。

こんにちは、halukaです。

 

人類の歴史において、

惨劇と言い切ってよいものの一つは戦争でしょうか。

 

政治的に、あるいは地理的に、あるいは思想として。

たとえ相手に、

優ったとしても、劣ったとしても、

勝ったとしても、負けたとしても、

自由な選択を蹂躙され、何がしかを強いられし者には、

想像を絶する痛手が残らざるを得ません。

 

ところが過去、

皮肉なことに、そうした戦争は少なからず、

科学技術の進歩という未来を人類にもたらしてきました。

 

f:id:halukablue:20191013230207j:plain

   【イラストAC】 

 

その未来は、

争いの当事者同士が、互いにそれぞれの正当性を主張し、

その正当性、あるいは正義と呼ぶ狂狷(きょうけん)の下に、

命を奪い合おうとした末の対価、なのでしょうか。

 

戦争を遂行した当事者は、

それぞれに、"己の正義" を主張してきました。

 

けれども、"正しい殺し合い" という概念は、

果たして"正当" なのでしょうか。

 

人類の歴史は、「戦争の歴史」とも呼ばれます。

私たちの未来。

そこにも、

過去と同じような正当性は、居座るのでしょうか。

人が人らしく。

家族が家族らしく。

彼女と彼が、彼女と彼らしく。あるいは性的枠組みを越えて、

人種や思想を超えて、人らしくありますように。

過去のゆがんだ正当性が、次の世代の未来に居座ることを、

望みたくはありません。

 

命をなくされた方々、そのご家族の方々の鎮魂をお祈りいたします。

私たちは、歴史から、多くの戒めと、

未来の夢、理想画を学んできました。 

これからも、そうありたいと、知性を磨くことが、

世界の歴史に対する敬意なのかもしれません。

 

危機管理の手腕―三人の戦争指導者に見る政戦略

危機管理の手腕―三人の戦争指導者に見る政戦略