halukaブログ

やっぱり海が好き!

美容フローラ。腸内細菌を大切に!

人の腸には、大腸を中心に、100種類以上、

100兆個を超えると言われる細菌がすみついている。

そうした腸内細菌の集団は、花畑や草むらに似ていることから、

「腸内フローラ(菌叢∥きんそう∥」とも呼ばれる。

腸内細菌を、その働きや人に対する影響から分けると、

善玉菌(乳酸菌群∥ビフィズス菌は、その代表格∥)と、

悪玉菌(大腸菌ウェルシュ菌など)、

ふだんは、ほとんど無害の日和見菌になってしまう。

人が健康でいるには、

善玉菌が悪玉菌を抑えて、

「腸内フローラ」が一定のバランスを保っていることが、必須。

そのバランスが、何らかの原因で平衡感覚を失って、

悪玉菌が増えると、腸内腐敗につながってしまう。

そうなると、有害な物質を腸管が吸収してしまって、

ほかの臓器によくない影響を与えてしまうことにつながる。

それらは、生活習慣病の原因ともなってしまう。

腸内菌叢(きんそう)をバランスよく、

若々しく保つことは、健康な体づくりの基本条件の一つ。

美容とも、もちろん密に関係している。

明治乳業さんは、ビフィズス菌などの善玉菌が優勢な腸内細菌を、

「美容フローラ」と名づけているらしい。

ヨーグルトは、体にとって、最良の食品の一つ。

毎朝でも、飽きずに、食卓に載せたい一品。