halukaブログ

やっぱり海が好き!

自分流「旅のスタイル探し」。健康づくりってどういうことで、1人だけより2人、3人と健康なのがいいのだけれども、それがなかなかだったりもするのかなあ」というお話。

こんにちは、halukaです。

 

つい先日まで、「あけまして、おめでとうございます」と、

年賀状など書いていた気もいたしますが、

1月も早、残すところ3、4日。

節分の日が目の前の2月が迫っています。

 

ニュースなどを眺めていますと、

インフルエンザが流行っていますよだとか、

肺炎が流行っていますよだとか、

お腹をこわしたりもしますよだとか、

スリップ事故なども増えていますよだとか、

とにかく、いろいろと、流行ったり、増えたりする時節のようです。

 

f:id:halukablue:20200128040332j:plain

  【写真AC】

 

一生涯を通じて、

一度たりとも罹患せず、

ケガもせず、

ココロも、カラダも壮健で、

遠視や乱視や老眼にもならず、

肩も腰も凝らず、

人付き合いも良好で、

お金も友人もふんだんにあり、

毎日、触れる水も新鮮で、

食べる物もバラエティーに富んで、

それを食べ残して、どんどん捨てても、それが普通で、

空気も澄んでいて、

それを肺いっぱいに吸い込んでも、めまいや吐き気にさらされないで、

トイレの水は必ず流れて、汚物はきれいさっぱり、目の前から消えて、

干した洗濯物が黒ずむことなんかは、絶対なくて、

幼な子が成長して、靴が合わなくなったら、すぐに新しい靴が買えて、

そもそも、病気やケガに見舞われたら、

我が国・日本は自由診療なので、

どの病院でも、好きなところで受診することが出来て、

1961年に始まった、国民皆保険制度で、

建前上は、みんな、だれでも、

平等に医療の恩恵に授かることが出来て、

命の灯が風に消えたら、お墓もきちんとある。

 

そんな人って、77億人の世界人口(国連調査)のなかに、

何人くらいいるのでしょうか。 

その人口は、2030年に85億人(10パーセント増)、

2050年に97億人(26パーセント増)、

2100年に109億人(42パーセント増)になるらしいのですが、

それでも、そんな素敵な環境に恵まれている方って、

いったいどれくらい、いることが出来るのでしょうか。

 

f:id:halukablue:20200128040339j:plain

  【写真AC】

 

健康であることは、とっても大切です。

けれども、少しだけ意地悪なのかもしれませんけれども、

自分1人だけ、健康で、生活環境に恵まれて、

食べる物もたっぷりあって、

学校に通うことも、普通に出来て、

それでもストレスがあって、いろいろあって…

ねえ、ドクターさん、

ストレスって、いったい、どんな形で、どんな色で、

ふだんは、どこにいるんでしょうか…などと、

1人で考えても仕方のなさそうな事を思った夕べでした。

 

 

写真で伝える仕事 世界の子どもたちと向き合って

写真で伝える仕事 世界の子どもたちと向き合って

  • 作者:安田 菜津紀
  • 出版社/メーカー: 日本写真企画
  • 発売日: 2017/02/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

あすという日が

あすという日が