halukaブログ

やっぱり海が好き!

自分流「旅のスタイル探し」。宇宙に届く白い雲は果てしのない永遠の時に群がる草原にも似て大空に舞う夢を追いたくなるのです」の巻。

こんにちは、halukaです。

 

お正月の三が日がお休みだった方も、

そうではなくて、

三が日など終わってから後、ようやくのお休みだった皆さまも、

それぞれの休暇は、そろそろ終わりの頃でしょうか。

 

この週末は、

令和2年1月13日(月曜日)の「成人の日」を締めにした、

お正月以来の3連休ですね。

 

成人式を迎える若い方々、そのご家族の皆さまなどは、

さぞかし、そわそわ、どきどき、わくわくの週末なのではないのでしょうか。

羽織袴の姿よし、振り袖着物の姿よし、スーツの姿もそれもまたよし、

個性あふれる自由なカジュアルも、もちろん、よし。

思い思いのスタイルで、

青春の頃にこそ許される、自由の翼を思い切り伸ばして、

みんなが笑顔で、その日をお迎えになることを、

心より、お祈り申し上げます。

 

f:id:halukablue:20200110191506j:plain

 

見上げる空を覆う雲は、

時として、地上に大雨を降らせ、

日光を遮り、時には、うなり声をあげて、電光を走らせます。

 

そんな雲も、そのまた上に昇ってみると、

たいていは、真っ白で、何色にもあんまり染まっていたりはしなくて、

それでいて、自由で、どこにでも飛び立って行って、

姿形も千差万別で、それでいて、心を和ませてくれたりもします。

 

不思議な魅力にあふれていて、

大昔から、空に浮かんでいるのでしょうけれども、

飽きもせずに、明日もあさっても、浮かんでいそうで、

そういう具合に考えてみますと、

人と人との交わりだとか、

決裂だとか、笑顔だとか、大声だとか、

空に浮かび、空を流れ、空に消える雲は、

そんないろいろを、手の届かない高いところで、

知らないうちに、包み込んでいてくれているようにも、

そんなふうにも、ふと思えます。

 

この新春に新成人として、

社会に、世界に、宇宙に飛び出す皆さまの行く末が、

どうぞ、どうぞ、彩の豊かな色に満ちて、

先に行くほど冒険や発見や思いやりや支え合いにつながって、

いつの日にか、きっと、皆さまそれぞれに、

よりよい人生となって戻ってきますようにと、

心から、そう願っています。

 

いろいろなご都合で、成人式などにご出席が出来ないよと、

そういう若い方も、きっとおいでだと思います。

気になるでしょうが、あまり気にせず、

どんどんと、未来を将来を、勇気と希望をもって眺めてください。

「叩けよ、さらば、その戸は、開かれん」などとも申します。

 

まず一歩。

その一歩が踏み出せたなら、次のもう一歩も、きっと踏み出せます。

ステップ バイ ステップ。

だれにも振り向いてなどもらえはしない、小さな一歩かもしれませんが、

それは、いつか、いつの日にか、

きっと、もう、誰も追い付いてなど行けはしない、

大きな、大きな、個性あふれる前進となることを、

本当に、本当にご期待申し上げます。

 

大空に羽ばたいてください。

颯爽とした、あなた方の時代の幕開けです。

 

雲のカタログ  空がわかる全種分類図鑑

雲のカタログ 空がわかる全種分類図鑑