halukaブログ

やっぱり海が好き!

週末ライフ。「いつもの海に踏み向かう細く短い野の道に絢爛可憐に咲き誇る名前も知らない花々の香りを浴びたアフターサーフは仲間とのんきに波談議」の巻。

 今週のお題「うるう年」

 

こんにちは、halukaです。

 

サーフィンを楽しみに通い慣れた、いつもの海。

その海面の輝きに向かう道々で、

名も知らぬ花々が、

音もさせずに花弁を開く季節が、

私の住む街に今年もやってきたようです。

 

f:id:halukablue:20190611121331j:plain

 

渚に近い駐車場に愛車を乗り入れ、

長そで長パンツスタイルのフルのウエットスーツに着替え、

サーフボードを荷台から引っ張り出して、

ワックスを塗り込んだ後、

その板を左の脇に抱え込むのは、私の癖。

 

ビーチサンダルを引っかけた足が、砂浜に向かう途中、

そのショートボードは、いかにもショートボードらしく、

取り回しに困ることもあまりなく、

進行方向を素直に向いて歩くうち、

ふと、視線を落とすと、

そこには、小さな命の開花を知らせる色とりどりが、

そっと、そっと、咲き誇っています。

 

f:id:halukablue:20200228185129j:plain

 

「もう、そんな暖かさなんだな」と、

フルのウエットスーツのおかげで、露出の少ない肌に触れる空気は、

きのうよりも、おとといよりも、その前の日よりも、

少しずつ、穏やかに、柔らかく、

ほのかな花の香りを運んでくるようで、

カレンダーを見なくても、

季節の移ろいを感じ取ることが出来そうです。

 

今年は、4年に一度のうるう年。

一日分、時間を儲けたようでもあり、

一日分、春の訪れを待ちくたびれるようでもあり、

そのどちらにしても、

春は、きっと近づいていて、

きのうまで、蕾のままだった “幼い緑” が、

この週末辺り、

赤や黄色や紫色をした、

絢爛(けんらん)で可憐(かれん)な花を咲かせることだろうと、

そんなふうに思います。

 

f:id:halukablue:20190704165120j:plain

 

「いや、この辺りは、まだ、もう少し、

春が来るのは、その先です」と、

そういう街や町や村の皆さんも、

きっとおいでのことでしょう。

 

四季の演出を楽しめる土地に住まいを構えていることの幸い。

四季の香りがあふれる土地に仲間がいることの幸い。

四季の彩りに恵まれた土地で暮らせることの幸い。

四季を詠うよろこび。

 

そんな四季折々が織りなすスクリーンの一場面。

“春” という名のワンシーンを海砂に近い路傍に見て、

『小春日和とは、もう呼ぶまい。

もう春と、呼んでもいいのかな』と、

独りつぶやく、アフタサーフ。

 

「いやいや、独りでは、ちょっとさびしいかな」と、

仲間と集って、波談議の春の時間をくれるのは、

4年に一度のうるうの年で、

やっぱり一日分の得をした、

この週末のお休み気分、なのでした。

 

暦の歴史 (「知の再発見」双書)

暦の歴史 (「知の再発見」双書)

 

 

 

『うるう年に生まれて』 『おんがくのじかん』

『うるう年に生まれて』 『おんがくのじかん』