halukaブログ

やっぱり海が好き!

秋のサーフ物語。太平洋の片隅でバニラシェイクに抱かれてサーフボードで走る海原。ニュー・ウエットスーツ海デビュー。

こんにちは、halukaです。

 

午前5時半。

まだ朝霧の残る、

いつもサーフィンに通う海辺にいました。

 

辺りの闇が溶けるには、光が足りず、

波に近づくには、いま少しだけ、時間がほしい。

そんな時刻です。

 

3メートルと離れていない、右手にも左手にも、

ウエットスーツを着込んで、

サーフボードを抱えたサーフィン好きが、

朝焼けを待っています。

 

午前6時。

東の彼方の水平線がオレンジ色に染まり始め、

ようやく、その曲線が姿を描いてみせます。

こうなると、あとは、瞬く間。

すぐさま、辺りは朝を迎えます。

 

日が強く射す昼間なら、まだしもですが、

朝もやの頃のこと。

肌寒さを避けて、さすがにタッパー姿のサーファーは消え、

皆、ウエットスーツです。

 

私にしてみれば、いよいよ、

この秋のサーフ物語の本番に臨む心持ちです。

今日のミッションは、一つだけ。

昨日、手元に届いたばかりの、

ニュー・ウエットスーツの「海おろし」です。

 

秋のサーフ物語。待ちに待ったサーフィン用ニュー・ウエットスーツ到着。 気分は南国パラダイス! - halukaブログ

 

抜かりなく着替えを済ませ、

夜明けを待つ間に、

海砂に寝ころんで、

ストレッチも、もう済ませました。

 

サーフボードに塗り込むワックスのフルーティーな香りも、

透明感に満ち満ちた潮の香りさえも沁み付いてはいない。

とにかく、新品。

まっさらなウエットスーツです。

 

太陽の登場を待つ間、

どれほど、なでまわした事でしょうか。

周囲の方が気づいたならば、私はきっと、

変な奴に見えたことでしょう。

なにしろ、サーフボードを海砂の上に横たえ、

そのすぐ側で、体育座りになった格好で、

自分の腰や肩や二の腕や、

ひざや太ももを、恐らくニヤニヤとしながら、

ひっきりなしに、なで回しているのです。

 

f:id:halukablue:20191105193353j:plain

 

その肌触りたるや、軽く柔らかな毛布にくるまれているようです。

つい先日まで着込んでいた、

あのゴアゴアとした感触とは、異次元の抱擁。

 

海に浸かってみました。

お願い申し上げます。

「やっぱり変な奴だ」などとは、

何卒、お思いにならないでください。

 

申し上げます。

 

「バニラシェイクに抱かれながら、波に洗われている」。

あるいは、

「カロリーカットのマヨネーズに包まれながら、潮騒にひたる」。

 

もはや、それより他の表現をもって、これに代え難し。

完熟ピーチ、スイートハニー、お汁に浮かぶとろろ昆布…

どう例えても、どれとも違う、天使の肌触り…

 

波は、予想しました通り、セットひざの小波です。

 

今日の私には、

波のサイズはあまり問題ではありませんでした。

 

バニラシェイクとマヨネーズをまとって、

太平洋を走る爽快感。

乙女の肌のように潮を弾くウエットスーツ

 

1ラウンド2時間。

あっと言う間でした。

 

海から上がり、着替えを終え、

サーフボードをしまい込んで、

愛車のハンドルを切りながらの帰路。

途中のセブンイレブンでバニラアイスを買ったのが、

今日一番のグルメです。(^_-)-☆

 

 

 

キユーピー 卵を味わうマヨネーズ(瓶) 250g