halukaブログ

やっぱり海が好き!

世界初! 小型探査ロボ「ミネルバ2」、小惑星で移動探査に成功!

こんにちは、halukaです。

 

宇宙航空研究開発機構JAXA)は、9月22日、

惑星探査機「はやぶさ2」から放出した、

小型探査ロボット「ミネルバ2」2基が、

地球から3億キロ離れた小惑星リュウグウ」に着陸した、
と発表しました。

 

ミネルバ2」は、

世界で初めて、

小惑星の表面を移動しながらの写真撮影に成功。

 

初代「はやぶさ」は、2005年11月、

小惑星イトカワ」への探査ロボット着陸に挑んだが、

失敗していました。

13年ぶりの再チャレンジで、リベンジ。

 

ミネルバ2」が、

小惑星の表面をジャンプしながら撮影した写真は、

小惑星リュウグウ」の表面に大きな岩が散らばった、

荒々しい様子を写し出している。

 

ミネルバ2」2基は、今後も、移動しながらの画像撮影、

温度計測に挑む。

 

小惑星リュウグウ」は、

地球と火星の公転軌道の近くを回る小惑星

探査機「はやぶさ2」の観測で、

そろばん玉のような形をしていることが分かり、

大きさは、半径450メートル、質量4.5億トン。

太陽系が生まれたころの様子をうかがえる物質が残っているのではないか、

と期待されているそうです。

 

ミネルバ2」は、

はやぶさ2」に搭載された探査用小型ロボットで、

直径18センチ、高さ7センチ、重さ1キロの16角柱。

カメラと温度計を備えて、

小惑星リュウグウ」の地表を観測する。

 

ミネルバ2」は、計3基搭載されていて、

今回、放出した2基以外に、来年、残る1基を放出する。

内部モーターの力でジャンプしながら移動するのが特徴で、

観測したデータは、「はやぶさ2」を経由して、地球に送信する。

10月下旬には、「はやぶさ2」本体も、

小惑星リュウグウ」へ着陸を試みる。

 

はやぶさ2」は他に、

ドイツとフランスが開発した小型探査ロボット、

「マスコット」も搭載していて、

10月初めに、「リュウグウ」に向けて放出する。

 

f:id:halukablue:20191018013036j:plain

「小天体の表面を移動」という、

新しい宇宙探査の手段に成功したJAXA

今後、どんな観測データが地球に届くのか。

期待が無限に広がる。

 

 

惑星探査入門 はやぶさ2にいたる道、そしてその先へ (朝日選書)

惑星探査入門 はやぶさ2にいたる道、そしてその先へ (朝日選書)