halukaブログ

やっぱり海が好き!

自分流「旅のスタイル探し」。「自然が刻む営みのなかに自分の時間を探して見つけて、気持ちを静めることが出来たなら、その時間には幸せを感じていてもいいのかな」という思い。

こんにちは、halukaです。 海辺に夕闇が迫る頃、 風はやんで、 雲は浅く、遠く、天空にちぎれて飛んで、 西に傾く太陽は、 大気を淡いオレンジ色に染めてみせながら、 頬を包む空気が、 ひややかに首元から背筋までをなぞります。 4月の初め、 夕方の凪の頃…

自分流「旅のスタイル探し」。「唐突な初夏の日和に恵まれて、乗り気にさせない風に吹かれて、眺めた海辺の風景は穏やかすぎる春仕草」の巻。

こんにちは、halukaです。 今日はまた、どうしたことでしょうか。 午前中から唐突に気温が上がって、 正午くらいには、すっかり初夏を思わせる日和。 花曇りもなく、空は真っ青。 蒲団でも干せば、 ほっこりと膨らみそうな、 そんな陽気でした。 午後から、…

自分流「旅のスタイル探し」。「遠くに出掛けるばかりが旅でなし。近くであっても、その日々をそっと眺めてみるのもまた、旅なのでしょうか」の巻。

こんにちは、halukaです。 午前6時。 南バイパスを愛車でのんびり南下していると、 長距離を走ってきたのであろう旅客バスと行き違います。 乗客の方がどれほど乗っておいでなのかは、分かりません。 遠目にバスの車窓を眺めますが、 そこまでは、はっきりと…

進め!俳句ビギナー⑭。「『花の雲』『花吹雪』に『花の雨』…五感をくすぐる、情緒あふれる花言葉が飾る4月は季語の森」の巻。

こんにちは、halukaです。 「花曇(はなぐもり」は、俳句で言う、4月の季語のひとつです。 「桜の花の咲くころ、どんよりと曇りがちなのをいう」と、 手元の季語集「虚子編 季寄せ 改訂版」(三省堂)に解説があります。 今日は、まるでそんな一日でした。 …

週末ライフ。「水平線を走るウインドサーファーは春の風を一身に受け、波を切り、風を切って海を渡ってみせるのです」の巻。

こんにちは、halukaです。 ずいぶんと沖合。 岸から眺めていると、まるで、水平線と交わる辺り。 三方の縁がオレンジ色にデザインされた、 半透明に見えるウインドサーフィンの帆が、一葉、 「葉」と表現してよいものか、 そこは迷いはするのですが…、 正し…

週末ライフ。「普段着でスイーツにおぼれながらの憩いのひと時。自宅でのんびり過ごした休日は心も体もリフレッシュ」の巻。

こんにちは、halukaです。 のんびりとした、一日でした。 暖かさが増したせいでしょう。 庭先の名も知らぬ雑草の群れは、 人の気も知らないで、 つい、先週、ほんの少しでしたが手入れをしたのに、 そんなことはお構いなしに、 今が盛りと、伸び伸びと伸び盛…

週末ライフ。「北北東の風を感じながら、胸の内に吹く風は南寄り。『清明』を前に春一番を待つ日和」の巻。

こんにちは、halukaです。 あす、4月4日(土曜日)は、 二十四節気でいう、 令和2年(2020年)の「清明(せいめい)」です。 春分から15日目。 「清浄明潔」を略した言葉です。 万物が若返り、清められ、 生き生きと映える時季。 広辞苑(第六版・岩波書店)…