halukaブログ

やっぱり海が好き!

サーフィン

自分流「旅のスタイル探し」。「サーフボードが似合う海辺が織りなす、自然の造形美に魅せられながら、懐かしいサーフトリップに浸ってみる」の巻。

こんにちは、halukaです。 サーフィンを楽しもうと、日頃、通う海ですが、 同じ浜辺でも、 時によって、見せる顔は変わるものです。 波が激しく荒ぶる日もあれば、 「渚」という言葉がよく似合う、 まったりとした小波が寄せる日もあります。 いつも通う浜辺…

週末ライフ。「3連休初日は『春分の日』。暖かな日差しが照らす海辺には、うららかな春がやってきて、サーファーも波を楽しむ季節の初めの候」の巻。

こんにちは、halukaです。 3月下旬の3連休初日の今日は「春分の日」。 皆さま、いかがお過ごしでしょうか。 世情は、 新型コロナウイルスの感染防止のために、 多くの公共施設や音楽、演劇、文化活動、 ライブやスポーツイベントが一時休館や、 中止、延期、…

ウインターサーフ物語。「オフショアの波を求めて走った海は、なだらかな肩を寄せ合いトップから割れるクリーンフェイスで春のサーファーたちを迎えます」の巻。

こんにちは、halukaです。 陸から海に向かって風が吹き、 太平洋の彼方から届くウネリが持ち上げた波の頂上を なだらかな横一線にそろえてみせる、 オフショアの波。 彼方の海上で沸き起こったウネリが、 延々、岸辺に届き、 遠浅の海底の起伏に呼応して、 …

ウインターサーフ物語。「乾いた春の海砂を濡らしに小波が寄せる白浜は『春分の日』を前にして今日もひねもすのたりかな」の巻。

こんにちは、halukaです。 二十四節気でいう「春分の日」。 今年、令和2年(2020年)のその日が、 今週末、3月20日(金曜日)に迫ってきました。 春の彼岸の中日。 昼と夜の長さが、ほぼ等しいとされ、 これをもって、春もいよいよ本格化と、 そう呼んでもよ…

週末ライフ。「サーファーの影も少ない浜辺を歩いて渡った岩場で眺める潮時は、薄曇りの空色が海に映って、小さな波紋を見つけながら過ごした休日の午後」の巻

こんにちは、halukaです。 この週末、 皆さまはどんなふうにお過ごしでしたでしょうか。 公共施設や飲食店街は人影が減り、 さびしい雰囲気ですね。 私が日頃、サーフィンを楽しみに通う海も、 この土曜、日曜はウネリが上がらず、 「寒の戻り」というのでし…

ウインターサーフ物語。「この週末も海は変わらぬ凪もよう。『ひねもす のたり』で冷えた体に『春はもう、すぐそこ』と言い聞かせるアフターサーフの波模様」の巻。

こんにちは、halukaです。 時間を見つけて、そそくさと出掛けた海は、 ここ数日、変わらない小波の凪。 3月4月のこの季節は、おおよそ、こんな具合ですが、 雲も風も穏やかで、 落ち着いた、のんびり気分の波模様でした。 サーフボードを抱えたサーファーの…

ウインターサーフ物語。「春一番と呼ぶには、その荒々しさはいまひとつ。とは言え、強風。巻き風にあおられて砂浜に打ち上げられた貝殻も眠りから覚める頃合いの春候」の巻。

こんにちは、halukaです。 日中、わずかなスキマ時間に恵まれて、 「空は青いし、それなら行ってみようか」と、 サーフィンを楽しみに通う、 いつもの海に向け、愛車のハンドルを切りました。 気になったのは、強い風。 東風なのか、北風なのか、 その辺りが…

ウインターサーフ物語。「凪の海で、静かに波をかき寄せながら海を眺め、海に浸かり、海に戯れ、早朝の海に感じる予感はいよいよ春の到来でしょうか」の巻。

こんにちは、halukaです。 東方のまだ低い位置から、薄雲を突き破り、 斜めに差す太陽光を反射して、輝く海面。 30秒ほども見つめていると、 まぶしくて、視線をそらしてしまうほどの光量。 サーフィンを楽しみに海に向かうには、 少し遅いくらいの目覚めだ…

ウインターサーフ物語。「その日の夕方、その夕焼けを眺めながら美しいと思えたなら、その日はきっといい一日だったのだと、アフターサーフの風が告げたのは、そんな気になった春候」の巻。

こんにちは、halukaです。 お気に入りの椅子に腰掛けて、 それとも、 座り慣れた縁側に腰を下ろして、 西の空がオレンジ色に染まるころ、 その日の夕焼けを眺めながら、 「あ、きれいだな」と、 もしも、そんなふうに、ふと思えたなら、 その日は、きっと、…

ウインターサーフ物語。「『春の海 ひねもすのたり のたりかな』の気分の波に乗って乗られて揺れて揺られて のたり のたりの のたりかな」の巻。

こんにちは、halukaです。 俳句「春の海 ひねもすのたり のたりかな」は、 江戸時代の俳人・与謝蕪村(よさ・ぶそん)作の あまりに有名な一句。 俳句教室に昨年の暮れから通い始めたばかりの私であっても、 一度や二度は、その句を耳にしたことがあるほどで…

ウインターサーフ物語。「今日は『雨水』。広々とした海面を独り占めして沖合5メートル最大波高30センチのスーパー小波で小暴れしながら季節の移り目を満喫した春候の一日」の巻。

こんにちは、halukaです。 本日は、二十四節気でいう「雨水(うすい)」。 単純には、読んで字のごとく、「あまみず」のことですが、 季節の変わり目を指す意味合いとしては、 「空から降る雪は溶けて雨となり、地表では霜が解けて水となり、 農耕の始まりを…

週末ライフ。「これといって気を配らなくてはならない格別の予定はなかったのに、終わってみれば少しいい事もあったようななかったような一日でした」の巻。

今週のPRお題「#ドライブと音楽」 こんにちは、halukaです。 「冬の日のこんな一日もわるくは、ないなあ」。 そんなふうに思えた寒冷日でした。 ウイークデイなのに、これといって気を配らなくてはならない予定はなく、 せいぜい、 アイドリング時の愛車の排…

ウインターサーフ物語。「今こそが真冬なのでしょうか。強烈な寒波が波打ち際に小波ととも訪れて、これが厳冬でしょうか、と自分に言い聞かせながら波間に浮かぶ劇寒の海物語」の巻。

こんにちは、halukaです。 いや、もう、なにも、ひと言も申し上げようのない、 そんな強烈な冷え込みです。 日頃、サーフィンを楽しみに通う近場の海にも、 その強烈な “寒波” がやってきました。 昨年の12月8日(日曜日)、 「今はまだ、ただの真冬。厳冬で…

ウインターサーフ物語。「寒暖の差が大きくて、一日を暖かく過ごすには少々難あり。それでも海に漕ぎ出して、冬晴れの下で満ち時狙いのファンサーフ」の巻。

こんにちは、halukaです。 どうしたことでしょうか、ここ数日の朝晩の寒暖差。 その差の大きさのせいでしょうか、 寒さが一層こたえる時節のように思います。 サーフィンを楽しみに通い慣れた海辺には、 ファンサーフが似合う小波が入っています。 午前は、…

ウインターサーフ物語。「ほんのわずかな時間でも一日一日の積み重ねこそが、いつの日にかとんでもなく素敵な成果を呼ぶのかしらと思うのです」の巻。

こんにちは、halukaです。 本日、早朝、冷たい海に身を任せました。 透き通った、穏やかな風。 空には、薄い雲が流れていましたけれど、 太陽光線が海面にまっすぐ差して、 白から薄黄色に日焼けしたサーフボードにまたがる、 黒いウエットスーツを温めてく…

ウインターサーフ物語。「最高気温16度。『小春の日和』にサーフボードを抱えた海辺は、我を忘れる胸オーバーのウネリ波が届く今シーズン最高の渚でした」の巻。

こんにちは、halukaです。 初春を荒らした大嵐が鳴りを潜め、 サーフィンを楽しみに通い慣れた、 ビーチブレイクの海砂ポイントに、 低気圧が、その名残を示すウネリが届きました。 ふだん、プロのサーファーや、 アマチュア1、2級の方々がサーフボードで漕…

ウインターサーフ物語。「羽音をさせない大きな翼に見守られ潮騒だけの太平洋の片隅で波にゆられた寒風ながれる半時間は唯一無二の半時間」の巻。

こんにちは、halukaです。 潮騒だけの世界。 真冬の低気圧が去って、 海砂を濡らす海水にウネリはありません。 ほんの波打ち際で、ほんの数センチ、 いっぱい、いっぱいの膨張が裂けて、 ほんの少し、白波が泡立つだけです。 そんな海の日。 肌を刺す空気の…

ウインターサーフ物語。アフターサーフは久しぶりの絢爛豪華なお料理の群れ。「舌鼓を打つ」とは、まさにこのことなのでしょう。

こんにちは、halukaです。 皆さま、今宵はどのようにお過ごしでしょうか。 私、今夜はアフターサーフにて、 わが身に似合わぬ、贅沢なお料理などを、 仲間たちと、楽しんでおります。 美味しいお料理と申しますのは、 なんと言いますか、 胃袋を楽しませてく…

ウインターサーフ物語。「耳が痛くなるほどの寒さでありまして波もほとんどあったりはしないのですがそれでもまあ、サーフィンというスポーツの楽しさたるや…」の巻。

こんにちは、halukaです。 こちら、いっきに冷え込んでおります。 皆さまがお住まいの街、町、村、地域は、いかがでしょうか。 本日、快晴。 海砂が恋しくて、車を走らせること、しばし。 寒風が、吹きつけるなか、フルのウエットスーツにとっとと、着替えて…

ウインターサーフ物語。「ドライブインを模したカエル男のサーフショップで海上がりに味わうホッカホカのパイが格別すぎて、もう無理」な訳。

こんにちは、halukaです。 昨日までの冬の嵐・爆弾低気圧も去って、 頭上の空に青色が戻りました。 気温も少しだけ上がって、 小春日和とまでは、いかないまでも、 サーフィンを楽しみに海に向かうには、 そこそこ、好都合の本日でした。 で、いつものように…

ウインターサーフ物語。「凪の海には凪の海のよさがあり、冬の晴れ間には冬の晴れ間のよさがあるので結局はいつものようになにもない海にむかってしまうのです」の巻。

こんにちは、halukaです。 冬の海が荒れる地方もあれば、 冬の海は、まったく荒れない、という そういう地方も、なかにはあるようです。 私の住む街は、どちらかといえば、後者で、 寒気が周囲から消えて、 ましてや、晴れ間などが覗いて、 もっと申しますと…

ウインターサーフ物語。「健康づくりへの日ごろの小さな気遣いが積もり積もっていい人生をつくってくれて美味しいものがもっと美味しくなる」の巻。

こんにちは、halukaです。 毎年のことではありますが、 雪もちらつく、この季節になりますと、 “忘年会” がやはり、はやりイベントの一つでしょうか。 週末ともなれば、 飲食店街や、飲食店街でなくても、 有名どころのレストランやホテルのパーティールーム…

週末ライフ。「凪の海は、寒さ知らずのおっとりパドリングでファンサーフの楽しさを教えてくれる素敵な冬の海」の巻。

こんにちは、halukaです。 サーフィンを楽しもうと、日頃から通う海辺に、 今朝も足を延ばしました。 海は凪。 風は、冷たくはありますが、強くはないので、 体温を奪われるほどのつらさはなくて、 長そで長パンツスタイルのフルのウエットスーツを着込んで…

週末のウインターサーフ物語。「陰暦の10月のころの小春の日和。午後のサーフはファンファンファンな波乗り気分でパラダイス」の巻。

こんにちは、halukaです。 小春。 小春空。 小春日。 小春日和。 本日のような空模様をどう残せばよいのかと、 辞書を手元に引き寄せますと、こんなふう。 広辞苑(岩波書店)という言葉辞書は、 とても面白い辞書だと、日頃からそんなふうに思っています。 …

ウインターサーフ物語。「やるべきことは、とっととやっておかないと、やがて、ちょっと妙な気分にさらされるのだと再認識した冬の日の朝」の巻。

こんにちは、halukaです。 12月も中旬に差し掛かり、海辺もすっかり冬の装いです。 寒風と呼ぶには、遠慮しすぎで、 肌を切る、あるいは刺すようにも感じる、 冷気を帯びた風をなんと呼べばよいのか、 うまく思いつきはしませんが、とりあえず、 冷気。 そん…

ウインターサーフ物語。夜の闇が深みを失い朝の光が行く道を照らすころ輝く方々のお陰で新しい一日を迎える街を走り抜けながら向かう真冬の海。

こんにちは、halukaです。 勝ち負けなどというような事柄は、 どのようにして決するのでしょうか。 そのようなことは、ついぞ分からないまま、 緑の海にサーフボードで漕ぎ出して、波間に浮かんでみたり、 チェス盤や将棋の駒を手に入れては、 誰や彼やとゲ…

ウインターサーフ物語。「今はまだ、ただの真冬。厳冬ではないんだよ、と自分に言い聞かせながら波間に浮かぶ激寒の海物語」の巻。

こんにちは、halukaです。 師も走る…という12月も、早いもので1週間が過ぎました。 この冬、皆さまはどのようにお過ごしでしょうか。 いつものごとく、私事で恐縮ではありますが、 勝手に名付けて始まった、「ウインターサーフ物語」も そろそろ佳境に入りつ…

ウインターサーフ物語。サーフィンを楽しむ術のない穏やかすぎる海を眺めて、穏やかな海の魅力をもう一度、知る。

こんにちは、halukaです。 たまには、こんな日もあります。 天気図を見ていましたから、 早朝、車を走らせて、 その後、所用に戻ることができる距離の海に、 ウネリが届いていないことは、 分かってはいました。 それでも、もう、こうなると、 習性と呼んで…

ウインターサーフ物語。外気温6℃。「シーガルのウエットスーツで踏ん張るのかフルのウエットスーツに切り替えるのか切実さと面倒さが決め手の冬本番」の巻。

こんにちは、halukaです。 さあ、いよいよ冬場も本番のようです。 小庭の先に立てかけてある、 南東を向いた大柄の温度計が正しければ、 今朝の外気温は6℃。 時間は午前5時半。 厚手のセーターを着こんでいても、 ぶるっと身が震える冷え込みでした。 それで…

週末ライフ。「旅先からホームタウンに戻って向かったいつもの海には冬遠からじの秋の終わりの風が吹く」の巻。

こんにちは、halukaです。 旅に出て、 数日、海に入っていませんでした。 ホームタウンに戻ったのは、昨夜。 少し疲れがあったのか、 あるいは、リラックスが効いたのか、 ゆったりとした睡眠から覚めたのは、 遅めの朝。 寝床を離れてからは、 部屋に持ち上…