halukaブログ

やっぱり海が好き!

ポジティブシンキング

週末ライフ。「少しずつでも前に進んでみるということは案外、楽しくて、いつか、きっと、どこかに着くのではないのかなあと思ったりもするのです」の巻。

こんにちは、halukaです。 朝から、天気図を眺めてみると、 サーフィンを楽しみに通い慣れた海辺まで、 太平洋の彼方からのウネリが届いているようには思えませんでした。 気分を切り替えて、曇り空の下、 しばらく手をつけられずにいた庭の手入れに、 午前…

週末ライフ。「情けは人の為ならずと言いまして、この頃になってようやくその意味が分かり始めたような気がして、ありがたいと存じます」の巻。  

こんにちは、halukaです。 広辞苑第六版(岩波書店)によりますと、 「情けは人の為ならず」とは、 情けを人にかけておけば、めぐりめぐって、 自分によい報いがくる。 人に親切にしておけば、必ずよい報いがある、の意味だそうです。 時折、 「人に情けをか…

週末ライフ。「後片付けに追われるのが確定の週末ですけれどサーフィンにもどうしても行きたいので、とにもかくにも、頑張るしかないのだ」の巻。

こんにちは、halukaです。 この週末、皆さまはどのようにお過ごしですか。 弊halukaブログでは、昨年12月23日から、 「メリークリスマス! halukaブログ史上初の大型連載企画。 グラフィックスでお贈りする 『こんなクリスマス デコレーションになりました』…

未来を展望して夢を想い描いて一生懸命に考えて行動してみるという事。そしてそれは、自分のためだけではないという事が大切な気もするという事。

こんにちは、halukaです。 令和2年の成人の日も過ぎて、 今年最初の3連休も終了して、 お正月気分も本格的に抜けて、 いよいよ、本年も本格始動のような、 そんな時節になりました。 寒さもいっそう辛さを増してきて、 手袋なしだったり、マフラーなしだった…

ウインターサーフ物語。「羽音をさせない大きな翼に見守られ潮騒だけの太平洋の片隅で波にゆられた寒風ながれる半時間は唯一無二の半時間」の巻。

こんにちは、halukaです。 潮騒だけの世界。 真冬の低気圧が去って、 海砂を濡らす海水にウネリはありません。 ほんの波打ち際で、ほんの数センチ、 いっぱい、いっぱいの膨張が裂けて、 ほんの少し、白波が泡立つだけです。 そんな海の日。 肌を刺す空気の…

ウインターサーフ物語。アフターサーフは久しぶりの絢爛豪華なお料理の群れ。「舌鼓を打つ」とは、まさにこのことなのでしょう。

こんにちは、halukaです。 皆さま、今宵はどのようにお過ごしでしょうか。 私、今夜はアフターサーフにて、 わが身に似合わぬ、贅沢なお料理などを、 仲間たちと、楽しんでおります。 美味しいお料理と申しますのは、 なんと言いますか、 胃袋を楽しませてく…

ウインターサーフ物語。「祝・新成人の皆さま。十人十色、百人百色、千人千道でいいはずで、心拍数ちょっと上がりの新・青春を誇り高く謳歌してください」の巻。

今週のお題「二十歳」 こんにちは、halukaです。 本日、1月13日(月曜日)は、 令和2年の「成人の日」でございました。 お正月の頃にそれぞれのお住まいの地域やご出身の町や村で、 「成人式は、もう済みましたわよ」という方も、 「今日、成人式がありまし…

ウインターサーフ物語。「耳が痛くなるほどの寒さでありまして波もほとんどあったりはしないのですがそれでもまあ、サーフィンというスポーツの楽しさたるや…」の巻。

こんにちは、halukaです。 こちら、いっきに冷え込んでおります。 皆さまがお住まいの街、町、村、地域は、いかがでしょうか。 本日、快晴。 海砂が恋しくて、車を走らせること、しばし。 寒風が、吹きつけるなか、フルのウエットスーツにとっとと、着替えて…

週末ライフ。「ウインドウショッピングというものは、案外楽しくて、アンティーク家具なんかをほんの少し買い求めながら思慮した栄光と挫折に関するささやかな考察」の巻。

こんにちは、halukaです。 穏やかな風と透き通った冬の空に恵まれた本日。 いつもの週末でしたら、 迷うことなく、 サーフィンを楽しめる海に車を走らせているところなのですが、 意外と器用さに欠けるものですから、 諸事、いろいろとした事を週末までに終…

自分流「旅のスタイル探し」。宇宙に届く白い雲は果てしのない永遠の時に群がる草原にも似て大空に舞う夢を追いたくなるのです」の巻。

こんにちは、halukaです。 お正月の三が日がお休みだった方も、 そうではなくて、 三が日など終わってから後、ようやくのお休みだった皆さまも、 それぞれの休暇は、そろそろ終わりの頃でしょうか。 この週末は、 令和2年1月13日(月曜日)の「成人の日」を…

ウインターサーフ物語。「ドライブインを模したカエル男のサーフショップで海上がりに味わうホッカホカのパイが格別すぎて、もう無理」な訳。

こんにちは、halukaです。 昨日までの冬の嵐・爆弾低気圧も去って、 頭上の空に青色が戻りました。 気温も少しだけ上がって、 小春日和とまでは、いかないまでも、 サーフィンを楽しみに海に向かうには、 そこそこ、好都合の本日でした。 で、いつものように…

2020年・令和2年のhalukaの夢は「スマホを買い替えたい、本を読みたい、映画を観たい、英会話を頑張りたい、芽を出したい、断捨離もできたらいいな」の巻。

今週のお題「2020年の抱負」 こんにちは、halukaです。 今宵は、昨夜に続きまして、「今週のお題」に挑戦。 ただ、昨夜とはアプローチを少しだけ変えまして、 2020年・令和2年の初頭にあたって、 「今年1年のhalukaの夢紹介」とまいります。 【シアターでの…

進め!俳句ビギナー④。俳句教室・令和2年の初詠みは今月下旬。「まず俳句を詠み、その俳句について、なぜそのような俳句になったのかを400字詰め原稿用紙に書き込むということは一体どういう技なのですか」の巻。

こんにちは、halukaです。 私、昨年、令和元年の12月、何を勘違いしたのか、 生涯初めての「俳句教室」に、 つい、つい、気がつきましたら入門してしまっていまして、 それから数えますと、はや1カ月が経とうとしています。 進め!俳句ビギナー①。「俳句教室…

2020年・令和2年新春に寄せてhalukaブログからお贈りするセンテンス第2弾は「オンリー・ワンであることと、1セントたりとも無駄にしないということは似ているような気もします」の巻。

今週のお題「2020年の抱負」 こんにちは、halukaです。 久しぶりに「今週のお題」にチャレンジしてみようと思います。 時節としては、とってもタイムリーなテーマに思える、 「今年の抱負」。 そういう話題になりますと、 皆々さま、十人十色は、当たり前。 …

2020年・令和2年の新春に寄せてhalukaブログが贈るセンテンスは「さあ、いよいよ新しい時代の仕事初めです。いろいろあるけど、張り切って、みんなでなんとか前を向いていきましょうではありませんか」の巻。

こんにちは、halukaです。 2020年・令和2年のお正月もそろそろ、気分を変える頃のようです。 明日から「新春お仕事初め」という方は、多いのではないでしょうか。 私も例に違わず、あすからは、いろいろと、 上手くいきそうな事もあれば、いったい全体、どう…

2020年・令和2年新春。halukaブログがお贈りする自分勝手な合言葉は「ラブ」「花束」「送り出し」そして「約束」という具合です。

こんにちは、halukaです。 さあ、2020年・令和2年の仕事初めも間近ですね。 皆さま、それぞれ日常の生活にお戻りになる頃ではないのでしょうか。 【写真AC】 私もその類に違うことなく、 なんとなくではありますが、 ささやかながら、 日々、時間に追われつ…

2020年・令和2年のお正月三が日。皆さまはどのようにお過ごしになりましたか。「頑張ったよ。明日からやっと、お休みだよ」っていう方々に感謝をしながらお贈りする今宵のhalukaブログは夢追い人です。

こんにちは、halukaです。 2020年(令和2年)のお正月の三が日、 皆さまは、どのようにお過ごしになりましたか。 テレビやインターネットやラジオのニュースでは、 「つかの間の帰省を楽しんだ方々が、 それぞれのお住みになる街・町・村・地域に帰るUターン…

新古今将棋道⑭。2020新春対局の勝利の鍵を握っていたのは甘い焼き菓子。歴史的大波乱『バームクーヘンの戦い』を制したのは果たして誰…」の巻。

こんにちは、halukaです。 皆さま、2020(令和2年)のお正月は、 どのようにおすごしですか。 帰省したり、旅行に出たり、 はたまた、 「正月くらいは、絶対に何もしないぞ」という具合の方もおいででしょう。 そのどれにしましても、 年の初めを穏やかに過…

2019halukaブログのゆく年、くる年。グラフィックスで振り返る悲喜こもごものデイ・バイ・デイ「こんな事やあんな事があったね」特集③。

こんにちは、halukaです。 明日は大晦日。 拙宅でも、新年を迎えるための準備を進めるべきなのですが、 慣れもしないクリスマス デコレーションに精をだしすぎて、 お正月の用意は、ほんとになにも、 ほとんど進んでいない私です。 【いわずと知れたインドネ…

自分流「旅のスタイル探し」。「TOKYOの街・東京駅丸の内の通りで輝いていた圧倒的な迫力のイルミネーションは素敵な夜を演出していて真似したくても到底できたりはしないのよ」の巻。

こんにちは、halukaです。 師走も師走。 皆さまの街・町・村・地域そしてあるいは、ご家庭も、 それぞれに慌ただしさの増す時節ではございませんか。 私もその類にもれず、 あっちに走り、こっちで叱られ、 どっちに向いても慌ただしい一日一日を過ごしてお…

メリークリスマス! halukaブログ史上初の大型連載企画。3夜連続のグラフィックス特集でお贈りする「こんなクリスマス デコレーションになりました」の巻。その㊥。

こんにちは、halukaです。 昨夜から、お届けしている、 「halukaブログ史上初の大型連載企画。 3夜連続のグラフィックス特集でお贈りする 『こんなクリスマス デコレーションになりました』」の巻。 今宵は、「その㊥」として、シリーズの第2回をお届けいた…

メリークリスマス! halukaブログ史上初の大型連載企画。3夜連続のグラフィックス特集でお贈りする「こんなクリスマス デコレーションになりました」の巻。その㊤。

こんにちは、halukaです。 さて、皆々さまの街、町、村、地域、ご家庭では、 クリスマスのデコレーションは、もうお済みでしょうか。 私邸と呼ぶには、あまりにも手狭な小庭先で、 格闘すること、およそ、ひと月。 「ここまで、やりました!」的な満足感に浸…

新古今将棋道⑬。誇り高き薄氷の敗戦。「方や片手に金2駒、方や片手に桂2駒。鍵を握ったのは金1駒でしたのよ」の巻。

こんにちは、halukaです。 私が師と仰ぐ先生との将棋対局第7戦の模様をお伝えいたします。 結果は、私の負けがひとつ増え、私の戦績は2勝4敗1引き分け。 ですが、本日、私は、誇らしく、この敗戦を受け入れたいと存じます。 なぜなら対局中に2度、3度と、師…

新古今将棋道⑫。「飛車がなくても角がある。その角を生かすも生かさぬも自分次第なので秘密のうちに予習をするのですよ」の巻。

こんにちは、halukaです。 私が師とあおぐ先生との将棋対局。 なんだか、じわじわと本格対戦の雰囲気を帯びつつあります。 私のこれまでの戦績は、2勝3敗1引き分け。 当初は、圧倒的に負けが込んでおり、 その上、どれこれとも、たいへん無残な負け方で、 帰…

自分流「旅のスタイル探し」。「TOKYOの街・GINZAの通りで輝いていた素敵なイルミネーションに魅せられて真似をしたくてうずうずしていますのよ」の巻。

こんにちは、halukaです。 この冬、皆さまはどのようにお過ごしでしょうか。 皆さまの住む街や町、村や地域でも、きょう、きのうは暖かで、 あすかあさってくらいから、 また、ぐっと、寒くなるのではないのでしょうか。 先日、東京近辺を旅した際に、 銀座…

新古今将棋道⑪。「再び三度、師に肉薄するも不敵な笑みを食らって我が勝利の味は薄められ、それでもまあまあ夕食が美味しかったビバ!ウイナーな夜」の巻。

こんにちは、halukaです。 当halukaブログの新シリーズ「新古今将棋道」を お読みいただいている皆さま、やりました! 私が師と仰ぐ先生との将棋対局第6戦。 “激闘” の末に勝利を収め、 私の戦績は、通算で2勝3敗1引き分けと、 ひいき目に見なくても、つまり…

週末ライフ。「凪の海は、寒さ知らずのおっとりパドリングでファンサーフの楽しさを教えてくれる素敵な冬の海」の巻。

こんにちは、halukaです。 サーフィンを楽しもうと、日頃から通う海辺に、 今朝も足を延ばしました。 海は凪。 風は、冷たくはありますが、強くはないので、 体温を奪われるほどのつらさはなくて、 長そで長パンツスタイルのフルのウエットスーツを着込んで…

ウインターサーフ物語。夜の闇が深みを失い朝の光が行く道を照らすころ輝く方々のお陰で新しい一日を迎える街を走り抜けながら向かう真冬の海。

こんにちは、halukaです。 勝ち負けなどというような事柄は、 どのようにして決するのでしょうか。 そのようなことは、ついぞ分からないまま、 緑の海にサーフボードで漕ぎ出して、波間に浮かんでみたり、 チェス盤や将棋の駒を手に入れては、 誰や彼やとゲ…

新古今将棋道⑩。「歩のない将棋は負け将棋のはずなのに有りすぎて負けてしまったはずなのにいつの間にか勝ってしまった師匠」の巻。

こんにちは、halukaです。 私が師と仰ぐ先生との将棋対局第5戦。 どなたにも、おそらく予想はできない、 破天荒な1局となりました。 先生の奥様であるご夫人が用意してくださった、 本日の飲み物とおやつは、 ドトールのアイスコーヒーと、 カシューナッツ(…

ウインターサーフ物語。「今はまだ、ただの真冬。厳冬ではないんだよ、と自分に言い聞かせながら波間に浮かぶ激寒の海物語」の巻。

こんにちは、halukaです。 師も走る…という12月も、早いもので1週間が過ぎました。 この冬、皆さまはどのようにお過ごしでしょうか。 いつものごとく、私事で恐縮ではありますが、 勝手に名付けて始まった、「ウインターサーフ物語」も そろそろ佳境に入りつ…