halukaブログ

やっぱり海が好き!

ライフ

自分流「旅のスタイル探し」。「唐突な初夏の日和に恵まれて、乗り気にさせない風に吹かれて、眺めた海辺の風景は穏やかすぎる春仕草」の巻。

こんにちは、halukaです。 今日はまた、どうしたことでしょうか。 午前中から唐突に気温が上がって、 正午くらいには、すっかり初夏を思わせる日和。 花曇りもなく、空は真っ青。 蒲団でも干せば、 ほっこりと膨らみそうな、 そんな陽気でした。 午後から、…

週末ライフ。「北北東の風を感じながら、胸の内に吹く風は南寄り。『清明』を前に春一番を待つ日和」の巻。

こんにちは、halukaです。 あす、4月4日(土曜日)は、 二十四節気でいう、 令和2年(2020年)の「清明(せいめい)」です。 春分から15日目。 「清浄明潔」を略した言葉です。 万物が若返り、清められ、 生き生きと映える時季。 広辞苑(第六版・岩波書店)…

自分流「旅のスタイル探し」。「緑の芽吹きが教える自然の生命力と季節の移り目。新入学、進学おめでとうの春到来」の巻。

こんにちは、halukaです。 きっちりと敷き詰められたアスファルト道路の端, 埋め込まれたブロック塀との、ほんのわずかな隙間から、 細い淡い緑の草が1本、2本と背を伸ばしているのを見ると、 なんともたくましい生命力だなあと、 そんなふうに関心してしま…

週末ライフ。「青く静かな春の海辺にひとり佇み、寄せては返す波を眺めて過ごす時間はおっとりと過ぎゆく陽気に体もほぐれるサーフィン日和」の巻。

こんにちは、halukaです。 新型コロナウイルスの拡大阻止のため、 この週末は都市圏を中心に 不要不急の外出自粛などを呼び掛ける要請が出ています。 欧米でも感染が拡大しているとニュースが伝えており、 先行きが見えない不安もありますが、 気持ちを分か…

自分流「旅のスタイル探し」。「日差しに恵まれた午後のひと休み。お気に入りの場所に座って、たまにはホットなカフェオレでほっとひと息」の巻。

こんにちは、halukaです。 新型コロナウイルスの感染予防に向けて、 多くの皆さまがご尽力なさっている最中のことです。 音楽・文化活動やスポーツイベントの多くが、 延期や中止の措置を取っていますが、 個人のレベルで出来ることには気をつけながら、 せ…

週末ライフ。「桜の開花を待つまでの三寒四温の花冷えは新しきスタートラインに立つ者の背中を包む青い渚の春のさえずり」の巻。

こんにちは、halukaです。 「花冷え」とは、 「桜の咲くころに寒さが戻って冷え込むこと」 (広辞苑第六版・岩波書店)とあります。 今日は、まるでそんな一日。 朝方から、ぐっと下がった気温は、 太陽が高く昇ってからもあまり上がることはなく、 冷えた空…

自分流「旅のスタイル探し」。エール「人生を賭けてもいいと思える、その夢を大空を舞う翼に乗せて飛べ。『旅立ちの春』に寄せて」。

こんにちは、halukaです。 新型コロナウイルスの感染防止に関するニュースが、 連日、止まりません。 感染の拡大防止に向けて、尽力なさっている皆さま、 どうぞ、ご自愛ください。 お亡くなりになられた方々、 そのご遺族の皆さまに心からお悔やみを申し上…

自分流「旅のスタイル探し」。「卒業の季節。新しい一歩を踏み出して見えてくる世界を大切にしてください。そこに広がる情景は、あなたを迎える彩り鮮やか春景色」の巻。

こんにちは、halukaです。 春3月、卒業のシーズンですね。 園児の皆さんや小学校、中学校、高校で、 あるいは、専門学校や大学生の皆さんも、 卒業式の練習やお知らせなどに、 本来なら胸騒ぎのする季節でしょう。 今年は、 新型コロナウイルスの感染防止の…

ウインターサーフ物語。「乱舞する黄色い菜の花と日差しが戻った東の空から射す白い光線が降りそそぐ海面に滑り込ませたサーフボードを揺らすのはもう、春の風」の巻。

こんにちは、halukaです。 春の陽気が近づいてきた、そんな予感がした本日。 昨日の夕刻、西の空を覆った雲は去り、 午前の早い時間に見上げた東の空は、 白い太陽光が降りそそぐ、まぶしい春色。 ここ2、3日、相手をしていなかった、 小庭先の花々のいろい…

週末ライフ。「家路に就く、青の海と赤の空が混じる頃、海の輝きを思い空のまぶしさを思い、明日もいい一日であれと思う日曜日の夕刻」の巻。

こんにちは、halukaです。 「海はどうして青いのですか」と、問われれば、 「大気にあって、 散乱しやすい太陽からの『青』の光が、 海に映って目に入るからです」と、 そんなふうな、 なんだかよく分からないお話になります。 もう少し分かりやすく、書き砕…

週末ライフ。「銀の翼は空の架け橋であり懸け橋であり、橋脚は陸と陸の架け橋であり懸け橋であり、そうすると、我が名もなきブログも何かしらの懸け橋になれないものかなという想い」の巻。

今週のお題「うるう年」 こんにちは、halukaです。 本日は、4年に一度のうるう年が生んだ、 令和2年(2020年)2月29日(土曜日)。 この週末、 皆さまは、どのようにお過ごしでしょうか。 新型コロナウイルスの感染防止のため、 列島各地で、学校行事や文化…

週末ライフ。「見上げた空は青が輝く絶好の春模様。その空の下を歩くという事、走るという事はどういう事なのかを海風に吹かれながら考えてみました」というお話。

こんにちは、halukaです。 決断、というものは、 予想もしないある日、ある時、突然、 心の備えも何もないのに、迫られることもありますし、 あらかじめ、 何かをどうにかしなければならない時期が分かっていて、 心や資金や体力面での準備をしながら、 その…

自分流「旅のスタイル探し」。「夢や希望は人生という旅路の歩みに大切で、その夢や希望の源泉となって、それを支えてくれる『自由な発想』も同じように大切な気がします」の巻。

今週のお題「大切な人へ」 こんにちは、halukaです。 「夢」とか、「希望」と呼ばれるものは、 「いつか叶えたい」と、胸の内に秘めていると、 「本当にいつか叶うのかもしれない」と思ったりもします。 その夢や希望といったものは初め、 どんなふうに胸の…

自分流「旅のスタイル探し」。「人生という短くはない旅路に運とか不運はつきものなのかもしれませんが、それを幸と呼ぶか不幸と呼ぶかは人それぞれだったりもするのでしょうか」というお話。

今週のお題「大切な人へ」 こんにちは、halukaです。 人生を “旅” とか “旅路” に例えてみせる、 なんだかほっとする、 エッセイや小説やポエムに出合うことは少なくありません。 幼少の頃に読み通した「世界文学全集」を いまだに自室に置き飾っている辺り…

週末ライフ。「食生活と健康づくりは切っても切っても切り離せないと知り休日の午後、健康のバトンタッチを目指しつつ野菜たっぷりカレーライスづくりに挑んだのでした」の巻。

こんにちは、halukaです。 突然、断固として意を決したところ。 自治体が実施している健康診断を来週、 ご近所の内科クリニックで受けてみることにしました。 まあ、健康診断そのものは、1年に1回、 定期的に受けてはいるのですが、 結果次第で面倒なのは、 …

週末ライフ。「『春眠、暁を覚えず』に身を任せてたっぷりと眠ってしまって、あっという間に一日が終わった春情の日の思いは、まだもう少し眠れそうです」の巻。

こんにちは、halukaです。 「寝正月」を広辞苑でひくと、 「正月休みにどこにも行かず、寝て過ごすこと。 また、病気で新年に寝ている場合も縁起をかついで、言う」、 (第六版・岩波書店)とありました。 昨夜、レストラン&バーにバーテンダーとして勤める…

新古今将棋道⑰。「温故知新ではないけれど、未来に吹く風を知るには過去に吹いた風のそよぎを知り、向かい風をものともせずに前に進むべしな気分もいいのかな」の巻。

こんにちは、halukaです。 私が師と仰ぐ先生との将棋対局は、先週、 私の勝手な都合でお流れとなり、 私のあがきの駒さばき、あるいは、 もがきの駒さばきを楽しもうと、 間違いなく、 手ぐすねを引いて対局に備えていたであろう師の思惑は、 私にとりまして…

自分流「旅のスタイル探し」。「毎日、毎日、いつも、いつも何かに挑み続けることは簡単ではないにしても、時には思い切って未知の扉を叩いてみるのもいいのかなあなんて考えた春遠からじの寒風の日」の巻。

こんにちは、halukaです。 いや、はや、つい昨日のこと。 弊halukaブログで、「早々の春を感じる一日で…」と、 そんな具合の諸々を書いてみたばかりだったのですが、 本日のこの春時雨と、身も凍てつく冷え込み。 こういうものなのでしょうね、春を迎えると…

「あの風がそこに吹くから」第1章②。「無名の幾千の鳥たちのさえずりが運んでくるのは夜明けと希望と笑顔と新たな出会い」の巻。

こんにちは、halukaです。 音をさせずに朝日が昇る、朝もやのその時間。 名も知らぬ幾千、幾多の野鳥たちが、目を覚まし、 いや、もしかすると、もう覚ましていたのに、 東方の雲間を突き破って真正面から差してくる、 その朝日を待っていたのか、 一斉に、…

週末ライフ。「この冬の頃、暮れなずむ街にこうこうと灯る明かりが運ぶ整然は、清潔と優しさとたくましさとお蔭さまです」の巻。

こんにちは、halukaです。 いやはや、冷え込みますね。 暖かい地域や国々にお住まいの方々がうらやましい季節です。 日中、近くの森に散歩に出掛けましたら、 日は差しているのに、風が冷たすぎて、 さすがに抗えず、早々に帰ってまいりました。 いっそのこ…

週末ライフ。「暖冬なのでしょうか厳冬なのでしょうか。少し暖かくなったり、つらいほど寒くなったりの三寒四温の2月最初の週末です」の巻。

こんにちは、halukaです。 皆さまがお住まいの街・町・村・地域ではいかがなのでしょうか。 私が住む町は、 ほんの昨日まで、ほんのりと暖かい、“小春の日和” だったのですが、 本日は、打って変わって、 厚手のセーターの上から、しっかりとしたアウターを…

自分流「旅のスタイル探し」。健康づくりってどういうことで、1人だけより2人、3人と健康なのがいいのだけれども、それがなかなかだったりもするのかなあ」というお話。

こんにちは、halukaです。 つい先日まで、「あけまして、おめでとうございます」と、 年賀状など書いていた気もいたしますが、 1月も早、残すところ3、4日。 節分の日が目の前の2月が迫っています。 ニュースなどを眺めていますと、 インフルエンザが流行っ…

週末ライフ。「婚約と誓約と約束と契約。『約する』とはどういう意味なのだろうかと暇にまかせて考えてみましたら、こんな感じになりました」というお話。

今週のお題「応援」 こんにちは、halukaです。 “眺めていることが意外と好き” な広辞苑(第六版・岩波書店)を、 いつも通りに眺めていましたら、 まあ、週末とあって、 案外ひまだった、ということも手伝ってはいるのですが、 随分と後半のページで、 「約…

自分流「旅のスタイル探し」。人生というものは自分自身を生かすための哲学を映し出すための舞台だったりもするのではないのでしょうか、という話。

こんにちは、halukaです。 本日の主題は「自分流 “旅のスタイル探し” 」ではありますけれど、 ちょっと欲張って、その「旅」を “人生という旅” と置き換えて、 そのことについて少しだけ、考えてみようかなあと思う次第です。 人はたいてい、幼少の頃から、…

自分流「旅のスタイル探し」。自分を知るということは案外と容易ではなく心の鍵を解放するということも案外、容易ではないけれどやってみる価値はありそうな気もします。

こんにちは、halukaです。 日射しが降りそそぐ日中、 手のひらを太陽の方角に向けて、 まぶしさを覚えるまぶたを手の甲で覆いながら、 ほんのしばらくの間、太陽光線をみつめてみる。 そうしますと、 自分の手の指の間を走る、退化した水かきの辺りに、 はる…

週末ライフ。「少しずつでも前に進んでみるということは案外、楽しくて、いつか、きっと、どこかに着くのではないのかなあと思ったりもするのです」の巻。

こんにちは、halukaです。 朝から、天気図を眺めてみると、 サーフィンを楽しみに通い慣れた海辺まで、 太平洋の彼方からのウネリが届いているようには思えませんでした。 気分を切り替えて、曇り空の下、 しばらく手をつけられずにいた庭の手入れに、 午前…

週末ライフ。「情けは人の為ならずと言いまして、この頃になってようやくその意味が分かり始めたような気がして、ありがたいと存じます」の巻。  

こんにちは、halukaです。 広辞苑第六版(岩波書店)によりますと、 「情けは人の為ならず」とは、 情けを人にかけておけば、めぐりめぐって、 自分によい報いがくる。 人に親切にしておけば、必ずよい報いがある、の意味だそうです。 時折、 「人に情けをか…

未来を展望して夢を想い描いて一生懸命に考えて行動してみるという事。そしてそれは、自分のためだけではないという事が大切な気もするという事。

こんにちは、halukaです。 令和2年の成人の日も過ぎて、 今年最初の3連休も終了して、 お正月気分も本格的に抜けて、 いよいよ、本年も本格始動のような、 そんな時節になりました。 寒さもいっそう辛さを増してきて、 手袋なしだったり、マフラーなしだった…

ウインターサーフ物語。「祝・新成人の皆さま。十人十色、百人百色、千人千道でいいはずで、心拍数ちょっと上がりの新・青春を誇り高く謳歌してください」の巻。

今週のお題「二十歳」 こんにちは、halukaです。 本日、1月13日(月曜日)は、 令和2年の「成人の日」でございました。 お正月の頃にそれぞれのお住まいの地域やご出身の町や村で、 「成人式は、もう済みましたわよ」という方も、 「今日、成人式がありまし…

週末ライフ。「ウインドウショッピングというものは、案外楽しくて、アンティーク家具なんかをほんの少し買い求めながら思慮した栄光と挫折に関するささやかな考察」の巻。

こんにちは、halukaです。 穏やかな風と透き通った冬の空に恵まれた本日。 いつもの週末でしたら、 迷うことなく、 サーフィンを楽しめる海に車を走らせているところなのですが、 意外と器用さに欠けるものですから、 諸事、いろいろとした事を週末までに終…