halukaブログ

やっぱり海が好き!

「大暑」の日に挑んでいた、もう一つの謎。天ぷらの日。

先日の7月23日、「二十四節気(にじゅうしせっき)」でいう、

今年、2018年の「大暑(たいしょ)」の日。

大暑広辞苑で『大暑』の謎に迫る?!」と題し(大げさですよね)、

懸命に広辞苑をひきまくった割に、

これといったまとめもできなかったブログを一筆、献上いたしました。

実はその陰で、「大暑の日は、天ぷらの日」という、

もう一つの謎に挑んでおりました。

「挑んで」と申しますのは、実は、

「天ぷらの日」と名付けられた″記念日″があることをこれまで知らず、

つい先日、雑誌の隅で何げに見かけただけ、だったからです。

それはどんな日なのか。

どう調べたらよいのかも分からないまま、とりあえず、

仕事場の近くの天ぷら屋さんにそそくさと出掛け、

天ぷら定食をいただきました。 

f:id:halukablue:20180727223750j:plain

 それというのも、「大暑」に前後した、

土用の丑(どようのうし)の日」(今年は7月20日と、8月1日)にうなぎを食する予定もなく(20日にうなぎ屋さんの前は通りました。長蛇の列でした)、

夏バテを避ける、おいしいものに飢えていたのかもしれません。

天ぷら屋さんでお願いした天ぷら定食を眺めると、

エビ、ピーマン、ナス、シイタケ、味ノリ、サツマイモなどがカラッと揚げられて、

いい香り。

自然と箸が伸びました。

土用の丑の日にうなぎ」には、なぜだか長年なじんできたのですが、

大暑の日に、『意識して天ぷら定食』」は、初体験です。

記念日だ! と考えると、いつにも増しておいしく、

栄養もよく摂れたように思えて、うれしかった次第。

けれど、なぜ天ぷらの日なのだろうか。

どなたが唱えられたのだろうか。

そんなラジカルだった疑問は、

食後の満腹中枢が見事に抑え込み、

天ぷら屋さんの片隅で、一服の満足感に浸ったのでした。

大暑の日は天ぷらの日」。

こんなおいしい謎は、謎のままでよいのかもしれません。

けれど、やっぱり…ちょっと気になる。

近くに本屋さんあったな。

雑学本、また買うかな。(^_-)-☆

 

伝説のクイズ王も驚いた予想を超えてくる雑学の本 (王様文庫)

伝説のクイズ王も驚いた予想を超えてくる雑学の本 (王様文庫)

 

子どもにウケるたのしい雑学 (WIDE SHINSHO 69) (新講社ワイド新書)

子どもにウケるたのしい雑学 (WIDE SHINSHO 69) (新講社ワイド新書)