halukaブログ

やっぱり海が好き!

週末はカウンターバーへ。鮮やか色に包まれてレッドビーシュリンプを眺めながら。

こんにちは、halukaです。

 

ウイークエンドの楽しみ。

週末は、食事を済ませたら、カウンターバーへ。

 

友人と連れ歩く。

カウンターが見せる光景。

カウンターでの会話が好きです。

 

水槽で泳ぐレッドビーシュリンプ

オーナーがよほど好きなんだな、

安室奈美恵さんのポスターや写真盾で、

酒棚が埋まった小さなカウンターバー。

 

暗くて、持ち込んだ雑誌が読めない省エネ・カウンター。

 

いつも小皿に温かなスープを用意してくれる、

いい香りのお店。

バーテンダーさんの黒ネクタイが恰好よかったり、

オーナーの白いジャケットが渋かったり。

ひじ掛けがあって、

座り心地、抜群の椅子が自慢のカウンターバーも。

 

どうやって運び込んだのだろうか、

大きな白いグランドピアノのあるカウンターバー。

 

鮮やか色のリキュール瓶が並んだ酒棚も好き。

鮮やか色は、海を思い出させてくれる。

 

f:id:halukablue:20191010235903j:plain

 

壁いっぱいを埋める年代物のレコード。

 

そこでは、DJオーナーが好きな曲をかけてもくれる。

 

月に1度、ジャズのミニライブが聴けるお店。

1皿500円のエビカレーが定番の

ちょっと小粋なカウンターバー。

 

NBAのDVDばかりを流す元バスケマンのオーナー。

個性があふれて、満ち満ちる。

 

こだわりっていうのかな。

嫌いじゃない。

けど、それぞれの雰囲気はお店の外に漏れたりはしない。

一歩、入ってみないと、その夜の気持ちは満ちない。

 

「たまには別の何か作ろうか」って、オーナーが。

「ん、ウイスキーでいい」って。

オーナーはそれ以上、何も言わなくて。

代わりにポッキーを出してくれた。

 

「板ワサがいい」ってわざと言ったら、笑ってた。

梅雨に入る。

しとしとと しとしとと飲む 琥珀色(こはくいろ)

たまには五・七・五でも詠んでみる。

あ! けど、季語が…ない…