halukaブログ

やっぱり海が好き!

週末ライフ。「冷え込みが一段落してウネリが戻った海で午前のいっぱいファンサーフィン」の巻。

こんにちは、halukaです。

 

「カエル男」の異名を持つ、

長年お世話になっている、サーフショップのオーナーと、

いつも通りの冗談を軽く交わして、

海へ。

 

今日は、休日。

早朝だの、夕刻だのと、

時間を気にすることもなく、

午前中、許された時間いっぱいサーフィンを楽しもうと、

サーフボードを抱えて、

通い慣れた、いつもの海砂を裸足で踏みました。

 

ウインターサーフ物語。「寄せる波に合わせて波待ちするけれど、待てど暮らせど波は来ず沖合5メートルで3本乗る」の巻。 - halukaブログ

 

f:id:halukablue:20191116193613j:plain

 

天気図に大きな変わりはないように思っていたのですが、

風のせいでしょうか、

海にはウネリが戻り、

セット太もものファンウエーブです。

 

駐車場は、朝からほぼ満杯。

思い思いのウエットスーツに身を包んだサーファーが、

思い思いに、波間に浮かんで、波待ちを楽しんでいます。

 

こんな週末は、久しぶり。

太陽光線に恵まれて、

太平洋のどこかで発したウネリが、

その大海原の端っこまで、無事に届いて、

その波を楽しみます。

 

贅沢…

そんな言葉がぴったりなのかも、しれません。

 

朝食は、たっぷりといただいて来ました。

岸辺に脱ぎ置いた、ビーチサンダルの脇に、

ペットボトルのいろはすも鎮座しています。

準備は、万端。

 

午後からのスケジュールを考えると、

全身の体力にいささかの余力を残しさえすれば、

あとはもう、思いのままです。

 

波待ちのラインは、沖合およそ30メートル。

寄せるウネリが、きれいにビーチブレイクしてくるので、

波待ちのサーファーも、

限られたポイントに縛られることはなく、

ゆったりと、ほぼ等間隔で、

横並びになって、

サーフボードの揺れを海にそのまま、任せています。

 

そんな午前。

頬が、少し、日焼けしたような。

構えていたよりも、少し、体力を使い過ぎたような。

たっぷりの朝食を摂っていたつもりなのに、

何だかとても、おなかが空いてきたような。

そんな海上がり。

 

サーフィンからの帰路によく寄る、

バイパス沿いのお蕎麦屋さんの駐車場に車を入れて、

最初に頭に浮かんだのは、お稲荷さん。

 

かしわ蕎麦メインの昼食を美味しくいただいて、

午後は、小さな約束を楽しみに、

街に戻りました。

 

冬の初めの海からの贈り物。

それは、小さなウネリのファンウエーブでした。