halukaブログ

やっぱり海が好き!

アフターサーフに台湾の牛肉麺!

台湾南部のビーチを目指した。

経由地は、高雄市

高雄市台北市に次ぐ、台湾第2の都市。

港湾都市工業都市としての性格も強く、

アジア・太平洋地域の物流拠点の一つ。

高雄市にある高雄港は巨大コンテナ港で、

100カ国以上、400近い港と海路、結ばれている。

高雄国際空港とのアクセスもいい。

台湾南部が目的地だったので、日本から空路、

その高雄国際空港行きの手はずを探ってみたけれど、

あいにく直行便のチケットが取れず、

まずは、台北(桃園)国際空港へ。

アクセスよく乗り継いで、深夜、高雄国際空港に着いた。

日本を発つ前にお願いしておいたサーフガイドさんと、

空港ロビーで無事に合流。

初日は、宿にこもって眠るだけだ。

事は、翌日起こった。

高雄市から車で2時間ほど南へ下る。

台湾中部から南部、東部は、このところ観光地としての整備も進んで、

日本人の姿も一層、増えた。

好天に恵まれて、午前中2時間、たっぷりサーフィン。

午後1時にいったん海から上がって、

昼食に街まで出掛ける約束だったので、

サーフボードを抱えて浜にのこのこ上がってくると、いた。

牛、牛、牛…

f:id:halukablue:20180827230021j:plain

わんさかいて、少々びっくり。

野牛? と一瞬見まがう。

台湾では、サルやヤギに出合うこともあるというが、

これだけどっと牛に出てこられると、いささか驚く。

ただ、こちらに向かってくる気配などはなく、身の危険は感じないが、

「近づかないように」とガイドさんに言われ、

珍しい光景をただ、見ていた。

なかなかの迫力。

聞くと、放牧されているのだという。

日本の牛舎などで見掛ける牛たちと違って、

やたらと走り回っている。

この暑い中、なんというエネルギー。

 

街中まで戻って、名物の餃子をたらふくいただき、

2時間ほどして浜に戻ると、いた。まだ、いました。

けれども今度は、互いに寄り添い合い、のんびりとたたずんでいる。

走り回って、さすがに疲れたとみえる。

ふと考えた。

台湾で牛肉料理といえば、やはり牛肉麺だろうか。

アフターサーフの夕食は、決まりかな。

 

 

 

 

 

台湾より愛をこめて [DVD]

台湾より愛をこめて [DVD]

 

 

 

台湾の若者を知りたい (岩波ジュニア新書)

台湾の若者を知りたい (岩波ジュニア新書)