halukaブログ

やっぱり海が好き!

初めてのサーフトリップはインドネシアのバリ島クタビーチ。

 こんにちは、halukaです。

 

梅雨が明けた、ある夏の事。

サーフィンを始めたばかりの頃。

とにかく何にも出来ませんでした。

その姿は、ビギナーどころではなかった。

 

まず、沖に行けない。

ゲットアウトできない。

パドルができないのだ。

パドルするために、サーフボードに腹ばいになるんだけれど、

揺れる波の上でサーフボードに腹ばいになれない。

腹ばいになろうとすると、1秒で落っこちるのだ。

 

サーフボードに跨って、波に揺られて、

沖で波待ちしている人の姿がかっこよかった。

 

サーフボードに腰座りして。

ようやく、波の上で腹ばいになれるようになって、

ハアハアと荒い息をしながら、

ようやくパドルして、沖に出た。

 

さて、波待ちしようとするけれど、

今度は、波待ちができない。

波の上で、サーフボードに腰座りできない。

腰座りしようとすると、また、1秒で落っこちるのだ。

 

f:id:halukablue:20191101021342j:plain

  【写真AC】

 

一つ壁を越えたかと思っていたら、

すぐ、次の壁。

そう。

完全になめていた。

「すぐできる、あんなの」って。

雑誌を買って、DVDを何度も見た。

日の出前に目を覚まして、海に向かった。

DVDで見た通りに…やっぱり出来ない。

テイクオフ、スタンドアップなんて夢だった。

 

で、思いついた。

サーフィンの聖地と言われていた、

インドネシア・バリ島に行けば、

きっとうまくなる。

冷静に考えれば、そんな安直な話はないが、

その時は、そう思い込んだ。

行くぞ、インドシナ・バリ島へ!

 

で、行ってみた。

インドネシア・バリ島。

毎日、クタビーチに出た。

 

けれど、日に日に日焼けが増しただけだった。

そうです。

バリ島に行くだけでは、当たり前だが、

いきなり上達したりはしないのだった。

経験にはなったかな。

物事はなめてかかっては、いけない。

 

さあ、帰国しよう。

燈台下暗し。

うちに帰れば、車で20分の海にいい波がある。

 

 

バリ島に女ひとりで住んでみた。

バリ島に女ひとりで住んでみた。