halukaブログ

やっぱり海が好き!

ウインターサーフ物語。「やるべきことは、とっととやっておかないと、やがて、ちょっと妙な気分にさらされるのだと再認識した冬の日の朝」の巻。

こんにちは、halukaです。

 

12月も中旬に差し掛かり、海辺もすっかり冬の装いです。

寒風と呼ぶには、遠慮しすぎで、

肌を切る、あるいは刺すようにも感じる、

冷気を帯びた風をなんと呼べばよいのか、

うまく思いつきはしませんが、とりあえず、

冷気。

 

そんな空気に包まれながら、

サーフィンを楽しむのに通い慣れた、

いつもの海岸近くの駐車場に早朝6時半、

車を乗り入れました。

 

そそくさと、フルのウエットスーツに着替え、

サーフボードを車から引っ張り出して、

はた、と気付きます。

 

「しまった、ワックスの塗り替えを、また忘れた…」。

サーフボードの表面に塗り込むワックスは、

自分の体や足の裏が、磨き上げられたサーフボードの上で、

滑って転ばないように、密着のために塗るものです。

スキーの板に塗るワックスとほぼ同じ原理だと、

そう思っていただければ、よいのでしょうか。

 

そのワックスは、季節によって、つまり、海水温によって、

若干ですが、種類が異なり、

シーズンが変われば、

古びたワックスをハケとリムーバで拭き取って、

その時節に合ったワックスを新しく塗り込みます。

その大切な作業を先日来、忘れていました。

 

ウインターサーフ物語。「今はまだ、ただの真冬。厳冬ではないんだよ、と自分に言い聞かせながら波間に浮かぶ激寒の海物語」の巻。 - halukaブログ

 

f:id:halukablue:20191212192218j:plain

 

ザっとやっても15分や20分は掛かる手作業です。

それを…

ウエットスーツに着替える前、つまり、

ぽかぽかと温かいセーターの上に、

ふかふかのアウターを着込んでいるうちに、気付けばまだしも、

ウエットスーツに着替えた後、

足に履くサーフブーツも小家に忘れ、

足元はビーチサンダル姿で、

ワックスを塗り替える羽目に…。

 

5分もしないうちに、足先と手の指先は凍え、

ハケでおおまかにワックスを拭き取る作業さえ、

「もう、これくらいでいいや」と、

投げやりになってしまう始末。

 

リムーバを容器から落として、

残りのワックスをきれいに拭き取るなど、

夢のまた夢…。

「もう、これでいいや」と、

完全に投げやりです。

 

掃除でも洗濯でも、

良くないこととは知りながら、

後回しにしてしまう良くない癖が、

こういう時に、出てしまうのです。

 

ウネリは静かですが、空は晴れ渡り、

冷気さえしのげば、上機嫌のファンサーフ日和です。

 

なのに…、

なんだか、べとべととした表面をしたサーフボードを抱えて、

「大丈夫、大丈夫。きっと楽しめる」と、

自分に独り、言い聞かせながら、

朝の冷気を胸いっぱいに吸い込んだ、

寒い冬の一日の始まりでした。